エメラダ・マーケットプレイスと
次の企業ステージへ
エメラダ・マーケットプレイスは、毎日のお金の流れや財務状況
の分析を受けられる、無料の「オンライン財務サポーター」です。

3分で分かるエメラダ・マーケットプレイス

お金の管理を楽に

「今月の取引先の入金と出金はどうなってるんだろう?」「口座残高が足りなくなるかな?」。目先の資金繰りの正確な把握は、経営者の共通した悩みです。エメラダは、こうした悩みを解決します。

お金の流れや財務状況をリアルタイムで把握、スピーディーな経営判断が可能。

各取引口座に散らばった入出金や残高情報をまとめるには、作業が面倒でした。毎回、金融機関ごとに記帳をしたり、各インターネットバンキングを開いたり、ID・パスワード・トークンを管理したり、さらに各画面の情報をエクセルに手作業でまとめたり・・・。

月次の会計情報は、税理士のチェックを待つので、1~2カ月待たないと受け取れません。なので、目先の資金繰り、預金残高の推移、資金ニーズの把握には活用できませんでした。代わりに、多くの経営者がエクセルで手作業をせざるを得ませんでした。

  • エメラダなら、こうした作業がなく、各取引口座を統合した入出金や預金残高が一画面でリアルタイムに把握できます。各指標はグラフ化され、見やすくなっています。データは一括でダウンロードできます。
  • 社内の専用PCからお金の管理をしてた方も、エメラダなら、スマートフォンやノートパソコンからいつでもどこでもアクセスできます。
  • エメラダなら、足元の取引先とのお金のやりとりや預金残高の推移がリアルタイムで分かるので、資金ニーズの把握がしやすくなります。
  • 日々の入出金の動きに大きな変化があれば、エメラダからリアルタイムでメールの通知を受けられます。

借入にかかる金融機関とのコミュニケーションを簡単に

「急にお金が必要な時にすぐに借りられるようにしておきたい」「借入したいけど、金融機関とのやりとりが面倒だな」「業績がどうなればお金を借りられるのか分からない」。借入にかかる不安や面倒さは経営者が解決したいところ。エメラダは、経営者のために金融機関との間に入り、コミュニケーションをサポートします。

提携金融機関との借入 コミュニケーションや資料作成が楽に。

借入をしたいときは、月次試算表、資金繰り表、商流(仕入・販売)や金融機関取引など、たくさんの資料を金融機関に提出・説明する必要があり、大変でした。

成長企業や創業間もない企業は、金融機関に対して、事業計画や将来性を時間をかけて説明する必要があります。

  • エメラダなら、資金繰りを(開示を許可した)金融機関に共有できるので、月次試算表や資金繰り表の作成を待たずに、すぐに金融機関とコミュニケーションを図れます。
  • 各取引口座を統合したリアルタイムの入出金や預金をボタン一つでダウンロードできるので、残高資金繰り表の作成、商流分析、金融機関取引分析などの作成も、楽になります。
  • エメラダなら、売上進捗などの前向きな情報が手間なく共有できるので、待っていても金融機関がそれを把握してくれ、借り入れが可能になるタイミングで提案をしてくれます。
  • 日々の事業進捗やその時点での借入状況などを踏まえて、借入可能金額の簡易分析も常に受けられます。
※エメラダと提携する金融機関のみ対応が可能です。

導入が簡単で、今すぐ可能、費用負担もなし

「税理士・資金調達コンサルタントに相談する必要あるの?」「会計ソフトを変更する必要あるの?」「新しいソフトを導入する必要あるの?」「お金かかるの?」。財務まわりで新しいサービスを導入するときにはこうした手間や負担がつきものです。エメラダは、こうした疑問をすべて解決します。

  • エメラダは、統合入出金データをボタン一つでダウンロードできる機能を提供します。なので、税理士や資金調達コンサルタントにとっても便利なサービスです。
  • エメラダは、ウェブ完結型のサービスです。今お使いの会計ソフトを変えたり、新しい別のソフトを導入する必要はありません。ウェブ上で一回登録をすれば、すぐに、ずっとお使いいただけます。
  • エメラダは、一切お金がかかりません。
※エメラダ株式会社は、銀行法に基づく電子決済等代行業者として金融庁の登録を受けており、適切な情報セキュリティ体制を構築しております。