グループの資金管理を効率化。未来の資金繰りを一目で確認。
セカンドファクトリーグループ(サービス業・飲食業・IT)

セカンドファクトリーグループは株式会社セカンドファクトリー(UX/DXコンサルティング・ソフトウェア開発・飲食店経営)、湯現会社グリッドワークスコンサルティング(経営コンサルディング)、ブエナピンタ株式会社(食品加工・飲食経営))の3社を抱えるグループ企業です。
当グループは3社においてエメラダ資金管理を導入してくれています。
今回は取締役の大関さんからお話を伺いました。

エメラダ資金管理導入以前の資金管理における課題を教えてください。


大関さん:税理士との共有用にクラウド会計ソフトを導入していましたが、自社で資金を管理するためのツールとしては目的とそぐわなかったです。
日々の口座の情報を確認をするためにはクラウド会計だとみづらく、各金融機関のインターネットバンキングにログインすることは面倒に感じていました。

導入後の効果について教えてください。


大関さん:日々の口座情報を確認することが非常に楽になりました。今までインターネットバンキングにログインしていましたが、エメラダ資金管理で一まとめに口座情報を確認出来るようになっています。
また売上予定、支払予定の情報をエメラダにアップロードすることで日次入出金予定を一覧で確認できるため、未来の資金繰り予定のイメージがしやすくなっています。
グループ3社で利用しているためグループ全体の資金管理をすることも楽になりました。

よく使っている機能はなんですか。


大関さん:口座残高一覧と入出金明細一覧、日次入出金予定表を使っています。
日次入出金予定表は、売上予定、支払予定の明細をアップロードするだけで、簡単に未来の残高のシミュレーションがされます。当社は支払明細は会計ソフトからCSVダウンロードしたものをアップロードしています。

どんな企業にエメラダ資金管理をお勧めしたいですか。


大関さん:会計目的ではなく自社の資金繰り管理したい企業にとって価値があるものだと思うので、そのような目的で利用したい企業におすすめしたいですね。
グループ3社で資金繰り予定管理をしている点が印象的でした。貴重なお話をありがとうございました!

その他の導入事例
さまざまな企業様にご利用いただいております